リゾートホテルとは

ホテルというと、広々としたフロント、セレブ的なレストラン、大きいベッドのある洋室を思い浮かべる方が多いでしょう。
ホテルと同じように宿泊施設の旅館は、「旅館業法」により定義されています。


旅館業法が定める旅館業というのは、ホテル営業、旅館営業、簡易宿泊営業、下宿営業の4タイプのことで、その中でもホテル営業については、いくつかの定めがあります。
それらは、「様式の構造及び設備を主とする施設を設け、宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業で、簡易宿所営業及び下宿営業以外の者」であることです。
また、旅館業法施行令によれば、「客室は10室以上」、「各客室の面積は9平方メートル以上」、「出入口と窓には鍵がかけられること」などがあげられます。
細かい定めで決められているのですが、特に名称の制限がないので、和風の旅館でも、ホテルとついていても問題はないのです。
法律的には定められているわけではないのですが、ホテルの種類をおおまかに分けるとしたら、「シティホテル」「ビジネスホテル」、「リゾートホテル」の3つになります。


「シティホテル」は、都市の中心に建っているホテルのことです。
客室はおおよそ百室以上、シングルやダブル、ツインなど様々な種類があるのです。


「ビジネスホテル」は、名称通り、ビジネスマンが利用することの多いホテルから、このように呼ばれているのです。
大都市、地方都市、駅前など立地はいろいろです。
ビジネスマン用ですから、シングルルームがメインとなります。


「リゾートホテル」とは、海辺、高原、スキー場などのリゾート地にあるホテルをいいます。
利用する客の多くは観光が目的で、ファミリー層が多いのも特徴の一つです。

Copyright © 2014 リゾートホテルの相場 All Rights Reserved.